ウィッチマスター 設定差、設定推測要素まとめ

ウィッチマスター 設定差、設定推測要素まとめです。
ART中の小役確率に設定差あり

ウィッチマスター

■ART中の小役確率

ART中の共通ベルと純ハズレに設定差あり、高設定ほど出現率が高くなる。
共通ベルはナビなしベル、純ハズレはナビなしのハズレ(ナビありのハズレはSIN)

設定 共通ベル 純ハズレ
1 1/132.93 1/4681.14
2 1/124.83 1/3640.89
3 1/117.66 1/2978.91
4 1/114.37 1/2730.67
5 1/112.80 1/2259.86
6 1/99.75 1/1872.46

■ART初当たり

ART初当たりに設定差あり、高設定ほどARTに当選しやすい

設定 ART初当り
1 1/499.5
2 1/479.6
3 1/485.0
4 1/424.6
5 1/411.0
6 1/317.2

■ボーナス出現率

ボーナス出現率の設定差は弱い、若干ではあるが偶数設定の方が青系ボーナスの出現率が高いがほとんど設定差がないため、参考程度としておこう。

設定 赤系ボーナス 青系ボーナス
1 1/630.15 1/675.63
2 1/642.51 1/595.78
3 1/601.25 1/648.87
4 1/585.14 1/537.18
5 1/560.14 1/606.81
6 1/550.72 1/550.72

スポンサーリンク

コメントを残す