蒼天の拳2 設定差のある小役確率が判明

蒼天の拳2
設定差のある小役確率が判明しました。
チェリーとスイカの出現率に設定差がありますよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
©Sammy

☑設定差のある小役確率

設定 弱チェリーA 弱チェリーB 中段チェリー 弱スイカ 強スイカ 合成
1 1/102.4 1/420.1 1/496.5 1/99.9 1/496.5 1/38.2
2 1/99.9 1/409.8 1/474.9 1/97.8 1/474.9 1/37.2
3 1/97.5 1/400.1 1/452.0 1/95.7 1/452.0 1/36.2
4 1/95.3 1/390.8 1/434.0 1/93.8 1/434.0 1/35.3
5 1/93.1 1/381.9 1/414.8 1/91.8 1/414.8 1/34.4
6 1/91.0 1/373.4 1/399.6 1/89.9 1/399.6 1/33.6

※中段チェリーは変換されたものを含まず
※現時点では通常時のみカウントを推奨

■チェリーとスイカに設定差あり
大きな設定差ではないので、すぐに判別は出来ませんね。
数千ゲーム消化してみてわかる感じでしょうか。
ATの初当たり確率と合わせて判別するのがよいです。

■AT初当たり確率

設定 AT初当たり 機械割
1 1/299  97.1%
2 1/290 98.6%
3 1/281 101.0%
4 1/252 105.0%
5 1/219 110.6%
6 1/204 113.7%

各小役の停止形はこちら

☑小役カウントの注意点

炎上、凍結中はチェリー出現率がUPするので
カウントしてはダメです。
変換されたチェリーもノーカウント、AT中のチェリー確率も
現在は不明、通常時のみカウントするようにしましょう。

ちょっとややこしいですね、間違えそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す